2022年、最新住宅トレンドカラー。

2022年の住宅でのトレンドカラーは

  • グレー
  • ブラック
  • グリーン

落ち着いたマットな感じやアースカラーと呼ばれる自然な淡い色が人気となっています。
おうち時間が以前より長くなった今では、やはり落ち着く色や雰囲気が好まれるのでしょうね。

マットなカラーでは光の反射が少ないため、上品な高級感と質感が演出できるため、最近では自動車にまで採用されることが増えてきました。
住宅では磁器や家具などで、一般的にはツルツルとした素材を多用する箇所にマットを採用することで、独特の質感を生み出します。

アースカラーといえば元々は地球の大地や植物、海などの自然物をイメージした色のことで、自然に存在する優しい配色が多いものとなっています。
例えばベージュ・ブラウン・カーキ・モスグリーン・ブルーなど、茶や緑などの自然色が主で、パステルカラーやビビッドカラーよりも落ち着いたトーンで、ナチュラルな印象を与えてくれます。
さらにこれらのカラーの濃度を抑えめにすることで、とっても優しく柔らかな雰囲気を醸し出してくれます。

弊社では、賃貸物件で入居者様が退去されて室内をリフォームするときに、床の色や、壁のクロスなどで、これらのトレンドカラーを取り入れるようにしていて、常により住心地の良い環境づくりを目指しています。

以下の写真は弊社の賃貸のリフォームで採用したトレンドカラーの例です。

最近では建材メーカーの内装建材も流行のカラーを取り入れた新色が増えてきていて、私たち良品住宅も常に進化するトレンドを取り入れつつ、積極的に新築住宅やリフォームで、バランスの取れたデザインとともに、このようなトレンドカラーを取り入れていきたいと考えています。

関連記事

PAGE TOP