Smile & Quality 良品住宅は神戸を中心に新築、戸建て、リフォームをはじめ、分譲、資産管理など、不動産に関する様々な事業を展開しています。

注文住宅

注文住宅

お客様のライフスタイルにあわせた自由設計

お客様のご希望に合わせ、間取りやデザインだけでなく、建築材料や工法にいたるまで徹底的にこだわって建てる「世界でたった一つの家」

良品住宅の家づくりはお客様の将来に渡るライフプランに合わせて、豊かな時を過ごせるよう最適な家づくりをご提案いたします。

 

 

耐震性

木造軸組工法とツーバイフォーの長所を兼ね備えたハイブリッド構造「RS構造」

設計自由度が高く、敷地の形やご希望の間取りに対応しやすい木造軸組工法と、耐震性能に優れ、気密・断熱性の高いツーバイフォー工法。「RS構造」は、この2つの工法を組み合わせたハイブリッド(かけあわせ・交配の意)工法。
伝統的な日本の工法に現代の技術を織り込むことで、それぞれの長所を融合して進化させた合理的な工法です。

※木造住宅合理化システム認定工法は、木造住宅の生産における合理化の推進と住宅の質の向上を目的として(公財)日本住宅・木材技術センターが実施している「木造住宅合理化システム認定事業」によって認定された工法です。

rs_kouzou

通し柱を増やし、1階と2階を一体化したRS構造。地震の揺れにも優れた耐震性を発揮。

良品住宅の最大の特長は、1階と2階を貫く通し柱をバランスよく配したSPG構造。構造のポイントとなるグリッド毎に通し柱を配するRS構造は、一般的な在来工法の通し柱か4本程度であるのに対し、通常の2〜3倍の通し柱を使用します。これにより、建物の1隋部と2階部とが強固に一体化、地震や台風の揺れや屋根にかかる荷重をスムーズに逃がし、高強度・高精度の木造住宅を実現するとともに、ゆとりのある空間設計も可能にしています。

spg_kouzou

独自のグリッド設計システムを採用。自由設計でありながら、どの一邸も安定した耐震性能を実現。

良品住宅は、お客様のご要望にきめ細かくお応えする自由設計でも定評をいただいています。
多様な空間設計に対して強度の安定した構造躯体を実現しやすい、合理的なR+(プラス)構造だからこそ、設計の自由度と耐震性を両立したプランが可能になります。設計にあたっては必要強度をグリッド単位で確保する信頼性の高い設計システムを採用。お客様のご要望にお応えしながら、R+(プラス)構造ならではの地震に強い住まいを実現します。

激しい揺れにも建物全体で抵抗する強固な住まいを実現

RS構造とは、床・壁・天井の6面すべてを構造用耐力面材で構成し一体化させた構造のことです。地震などの揺れを6面全体で吸収することで、建物のねじれをしっかりと防ぎます。
ツーバイフォー工法を超える強さと、軸組工法の持つ設計自由度やリフォーム対応力を兼ね備えた、これからの住まいに相応しい新世代の工法です。

 

耐久性

住宅の強さと耐久性は、基礎の性能に大きく左右される。

基礎には建物の重量を支えるだけでなく、地震や台風によって構造体にかかる力を分散し、バランス良く地中へと逃す役割があります。しっかりした基礎がなければ、構造体は本来の性能を発揮することができないのです。また、地面の湿気から建物を守るためにも、基礎には十分な高さと通気性が必要です。良品住宅では、強さと耐久性を重視した基礎工法により、家の安全性能をしっかりと支えています。

立ち上がり幅150mm、高さ430mmの強靭なベタ基礎と剛性の高い床構造を採用

良品住宅では、基礎の全面に鉄筋を配して建物の重量を面で支えるベタ基礎を標準で採用。耐震性に優れ、軟弱地盤にも適した基礎構造です。一般的な木造住宅で120mmとされる地盤面からの立ち上がり幅を150mmとすることでより強固に仕上げました。敷地の地耐力に応じた、各種地盤改良にも対応。また、地震や台風の力に負けない住まいづくりには、基礎だけではなく、床の剛性も重要なポイントとなります。良品住宅は。土台・大引と床構造用合板を一体化させることで剛性を高める、根太レス工法の床を採用。地震や台風時に加わる大きな外力に対しても、変形や破壊が起こりにくい強い構造を実現しています。また、床を支える束には防錆処理を施した鋼製束を使用。従来の木束やプラスチック束に比べて劣化が少なく、経年による乾燥や反りが原因で発生する床鳴りも抑制できます。

外壁・小屋裏・基礎の全周で換気を行い湿度による躯体の劣化を軽減

kiso腐朽菌や白蟻の繁殖を防ぎ、木造住宅の性能を維持するには、適切な湿度対策が重要です。良品住宅では、外壁・小屋裏・基礎の建物全体で均一に換気を行う全周換気技術により、安定した湿度環境を実現しています。外壁は通気層を設けた二重構造とし、暖まると上昇する空気の性質を利用し換気を行う外壁通気工法を採用。さらには、軒天からの通気と小屋裏に棟換気を設けることで、壁体内に侵入した湿気や小屋裏の熱気をスムーズに排出し、建物の内部結露を防ぎます。また、基礎の立ち上がり高430mmを確保し、換気をスムーズにするとともに、厚さ150mmのベタ基礎仕様により、地中から上がってくる湿気と害虫の侵入を防ぎます。さらに、基礎と土台の間に通気構造を備えたパッキンを敷き詰める、キソパッキング工法を採用。従来の換気口方式と比べて約1.35倍の換気能力を達成しました。

通気工法図

充墳断熱通気工法・キソパッキング工法

 

 

高品質素材

最新の技術を結集し、どの一邸も変わらぬ強さをご提供

在来工法の建物では施工者の熟練度によって、完成した住宅の性能が左右されます。良品住宅ではどの一邸も変わらぬ性能をお約束するため、より強く品質も安定したエンジニアリングウッドを使用し、コンピュータ制御によるプレカット加工、施工の確実性が高い金物接合など最新の技術を導入。部材品質や施工精度による強度のばらつきを抑え、設計性能どおりの住宅品質をお届けします。

主要構造材として、無垢材の約1.5倍の強度を誇るエンジニアリングウッドを使用

良品住宅では、柱や梁などの主要構造材にエンジニアリングウッドと呼ばれる集成材だけを使用しています。一般的な無垢材は柱の芯まで完全に乾燥させることが難しく、節や割れによっても強度が安定しにくいなどの欠点があります。こうした品質のばらつきは構造計算によって耐震性を高める現代住宅には適していません。エンジニアリングウッドは厚さ20mm程のラミナ(挽き材)に製材した後、一定の強度を持つものだけを選別して含水率が15%になるまで乾燥、接着加工して1本の建材に仕上げます。そのため、無垢材よりはるかに品質が安定し、強度もおよそ1.5倍まで向上します。加えて原材料には、一般的な集成材に使われるホワイトウッドに比べ、粘りのある「欧州産のレッドウッド」のみを使用しています。

万全の品質管理体制で生産された高品位エンジニアリングウッドを使用

良品住宅のエンジニアリングウッドは、品質管理・品質保証のための国際規格ISO9001:2000の認証を受けた工場で生産されています。原材料となるラミナはすべてMSRと呼ばれる非破壊検査機にかけ、強度と曲がりにくさを計測。さらに寸法精度や含水率など厳しい検査に合格したラミナだけが製品に加工されます。出荷された製品については1本1本に貼られたロットナンバーにより、出荷から原材料までの全工程を確認できるトレーサビリティを確立し、確かな品質を保証します。

 

エンジニアリングウッド-イラストa
気軽にお問い合わせください

ご相談・お問い合わせ TEL 0120-20-5033 受付時間 9:00〜18:00(土・日・祝日休業)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
© 良品住宅 株式会社 All Rights Reserved.
Fudousan Plugin Ver.1.6.6